■年回供養(ねんかいくよう)


三十五日の小練忌、四十九日の大練忌のご供養が行われますと、さらには一周忌、三周忌をお迎えします。一周忌を、「小祥忌(しょうじょうき)」、三回忌を「大祥忌(だいじょうき)」といいます。

「祥」とは、「喜ぶ」という意味です。

故人が仏さまになられてから一年が経ち、その間、家族や親族の皆さまは祈りと功徳により追善の後押しをしてきました。

その結果、故人は仏さまの世界でやすらぐことができるのです。また、残されたかたが親しい亡きかたに見守られ、今日まで変わりなく過ごすことができるのです。「年回供養」とは、こうした喜びや感謝に対する法要です。


 

 


表紙に戻る

詳細ついてはお寺へお問い合わせ下さい。
宮城県仙台市太白区富田上野中108番地  TEL(022)245‐3025

お問い合わせ