■開山忌(かいさんき)


「開山忌」とは、菩提寺(ぼだいじ)を開かれた初代住職の命日に、追善供養を営むことです。

「開山」とは、文字どおり「山を開く」意味です。中国や日本では寺院を山に建てる伝統があります。そのため、寺院には山号(さんごう)があり、開創した住職のことを「ご開山さま」とお呼びします。

大本山永平寺の山号は「吉祥山(きっじょうざん)」、ご開山さまは道元禅師さまです。

大本山總持寺の山号は「諸嶽山(しょがくさん)」、ご開山は瑩山禅師さまです。
 
「開山忌」として永平寺では九月二十三日〜二十九日、總持寺では、十月十二日〜十五日の間、「御征忌会(ごしょうきえ)」を修行します。

 

 


表紙に戻る

詳細ついてはお寺へお問い合わせ下さい。
宮城県仙台市太白区富田上野中108番地  TEL(022)245‐3025

お問い合わせ