■卒塔婆(そとば)(そとうば)


「卒塔婆」は、インドの言葉(サンスクリット)で、「ストゥーパ」という音を漢字に当てはめたものです。

 ストゥーパとは、お釈迦さまが亡くなられた時に遺骨や形見の品々を安置した塔【仏舎利塔(ぶっしゃりとう】のことです。

 塔の建立は、仏法の護持(ごじ)につながり、無量の功徳があるといわれてます。追善供養に際して、功徳を故人にめぐらす意味でつくった卒塔婆を立てることが、今日では一般化されています。

 卒塔婆先端に刻まれている部分は、五輪塔の空・風・火・水・地をあらわしたものです。
 
 年忌法要や祥月命日には、ご先祖さまに追福のまことをささげましょう。
 



 

 


表紙に戻る

詳細ついてはお寺へお問い合わせ下さい。
宮城県仙台市太白区富田上野中108番地  TEL(022)245‐3025

お問い合わせ