■位牌(いはい)


「位牌」は、戒名を書いて死者をまつるための札です。中国の宋の時代に存在し、儒教で用いたものを仏教がならったものです。

 位牌には、葬儀のときに用いる白木の位牌と漆塗りなどの位牌があります。一般に、葬儀のときの位牌は四十九日までおまつりします。また漆塗りの位牌には「札位牌」と「繰り出し位牌」があります。

 「札位牌」とは故人一人のために独立して作られたもので、「繰り出し位牌」は何人もの位牌を納めるようになっています。

 新しい位牌は、菩提寺のご住職に入魂(にゅうこん)の読経をお願いしましょう。白木の位牌は、四十九日の法要後、お寺に納めましょう。


 

 


表紙に戻る

詳細ついてはお寺へお問い合わせ下さい。
宮城県仙台市太白区富田上野中108番地  TEL(022)245‐3025

お問い合わせ