■中陰供養(ちゅういんくよう)


 厳粛(げんしゅく)な葬儀が終わり、やすらかに旅立たれた方のご冥福を祈る中陰供養。

 中陰とは、初七日から七七日、四十九日までの間のことで、新しくご先祖さまの仲間入りをするための、おさとりの岸にわたるための期間といわれています。
 
 「初願忌(しょがんき)」は初七日ともいい、亡くなられた日を含めて七日目にあたる日に初めて営む追善(ついぜん)供養のことです。二七日から七七日まで、やすらぎの世界に無事たどり着けるよう願いをこめて供養します。

 五七日(三十五日)を「小練忌(しょうれんき)」、七七日(四十九日)を「大練忌(だいれんき)」(※忌明け)ともいいます。
 



 

 


表紙に戻る

詳細ついてはお寺へお問い合わせ下さい。
宮城県仙台市太白区富田上野中108番地  TEL(022)245‐3025

お問い合わせ