■血脈(けちみゃく)


 曹洞宗では、毎年両本山などで授戒会(「戒」をいただき仏弟子として規律ある生活をすることを誓う儀式)を修行しています。

 「血脈」は、一般的には授戒会のときに、戒師(師)と戒弟(弟子)との宗教的つながりを示すものです。

 血脈をみてみると、お釈迦さまから戒(法)を受けついだ名前が順に書き並べられており、それはお釈迦さまから脈々と連なっています。

 お釈迦さまの法を受けつぎ、仏弟子として、そのみ教えをよりどころに日々生活を精進しましょう。




次回は「中陰供養(ちゅういんくよう)」です


表紙に戻る

詳細ついてはお寺へお問い合わせ下さい。
宮城県仙台市太白区富田上野中108番地  TEL(022)245‐3025

お問い合わせ