■礼拝(らいはい)


 お釈迦さまや尊敬する僧侶に対して合掌低頭(がっしょうていず)して敬意を表すことが「礼拝」です。

 インドには、九種類もの礼拝があります。
 
 中国や日本では、一拝だけではなく三拝、九拝、十八拝、ないし百拝と礼拝をします。これは、繰り返しが多いほど敬意があわられていることを意味しています。

 道元禅師は、「仏道を修行する上で、この上なくすぐれた師を得ることがもっとも大切である。そして仏道を会得した師を尊び、礼拝し恭敬(くぎょう)することが大切である」とお示しです。

 お灯明(とうみょう)をともし、お茶やお水をあげ、お仏壇に心から礼拝しましょう。
 



 

 


表紙に戻る

詳細ついてはお寺へお問い合わせ下さい。
宮城県仙台市太白区富田上野中108番地  TEL(022)245‐3025

お問い合わせ